sound


青灰色の
真新しい日
残影のように
歩く人

望楼に立って
太陽を掴んで ああ
回廊を歩いて また
また迷って そう

残像のように
歩く人
残影のように

青灰色の
真新しい
空の繋ぎ目を
歩く人

 

 

2013.08.04 Released. [myna] 1st EP   itunes


塀を伝う陽光の先端
雑踏を縫うように
伸び入る クライマーの視界へ
暗む視界へ

傾いで 揺らいで
朝霧の向こう
予感は一時の迷いにも似ていた
眩む視界へ
くらむ視界へ

絶境にステレオで鳴る
Here is the one for you But you don’t need this
強風にあおられるは そう 照らし合う
Require to surrender The only surrender

塀を伝う陽光の先端
雑踏を縫うように
伸び入る クライマーの視界へ
暗む視界へ

 


手さぐりで 掴んだ
夜明け前の見知らぬ人
今日も夢中に迷う 案の定
憂いを からめとるように
良い夢 長い夢
まどろむ シンドローム

You call me “all of you”
A new you come see me

そう 朝焼けに溶いて
互いの境界に立って
漆黒の中へ先細る 案の定
何も見えていやしない
窓際 シン ドローム

You call me “all of you”
A new you come see me
You call me “all of you”
While we’re falling to the sky

手さぐりで掴んだ
夜明け前の見知らぬ人は誰
It’s like seeing another you sometime
It’s like seeing another you

You call me “all of you”
A new you come see me
You call me “all of you”
while we’re falling to the sky

 

白む空 這い出す影は もう窓の向こう
溶け込んだ アスファルトの黒
刻むように 揺れうごく 鼓動の速さに
重ねた呼吸 際立つは 針の音

見上げるも暗い
採光窓にノブはない
飛び交うイメージの中で
You’re much too far from me

機械の眼 開いた瞳孔
薄笑いさえ 覚えがない まるでもう
太陽の眼 傾ぐは ムンバイのほう
遠ざかる You’re much too far from here

帰らぬ今日 惑う ステージへ
いつもそう 誰 別れ
光帯に沿う 夢 揺らいで
I know you
You’re much too far from me

 

平日どおりの安心に毒され
もう肥満体
騒ぎ出す町並み 照りつける太陽を見て
明後日の方へ

平然とお別れ
なんもいわずに そうだろう
掴みかけた手 ためらいなく
振り払うんだろう

敬遠くりかえして
愛想はもう良いよ
真っ青な顔して僕はそう言う

倒壊寸前 逃げ出す僕の
淡い 青い 黄昏を
そうしてきみは振り返らずに
suit yourself
走り去る 尾を揺らして

平日どおりの安心に毒され
肥満体
気付きゃもう
すでに幸も不幸もない

壮観も相まって
理想の最終章
忍び足でエンドロール

倒壊寸前 逃げ出す僕の
淡い 青い 黄昏を
そうしてきみは振り返らずに
suit yourself
走り去る 尾を揺らして

 

交差点 街が青白い
いつもより深い
長く 薄暗い時間
境を見失う
ヘッドフォン プラグはモノラル
さざめくようなノイズ
遠目に浮かぶのは
冷えた空に溺れる

A fish
Your fish
Sank under water
The big one
It’s waiting for
The swell
Again
And now – again

交差点 街が青白い
いつもより深い
長く 薄暗い時間
境に気付かない
ヘッドフォン プラグはモノラル
さざめくようなノイズ
遠目に浮かぶのは
冷えた空に漂う

我に返る少年モンスター
味気ない夜を歩く
月とおなじ色の今日は
うすく赤茶けた色

ドアを開ける少年モンスター
まちがうおそれを知る
閉じた枚数を忘れ
振り返る 泡影の上の方へ
泡影の上の方へ

我に返る少年モンスター
味気ない夜を歩く

 

ポートレイト
切り取った今日 貼り合わせて
ワンステップ
サビ付いたキー ポケットに入れる

回廊 取り合った手の中
気まずく隠し持っていた
淡い劣情 ただそれだけ

泡影 虫食う窓 開いたあと
ローノイズ
耳の奥 揺らいで消える

回廊 取り合った手の中
気まずく隠し持っていた
淡い劣情 ただそれだけ

共鳴 ふさいだ 採光窓の向こう側
消灯を待たずに
mother erased your name